2020年最新版!北海道にお住まいの方におすすめの蓄電池販売・施工業者を紹介!家庭用太陽光発電をお持ちの方は必見!

蓄電池のメンテナンス方法の知識

公開日:2020/10/01  最終更新日:2020/10/13

蓄電池は外装について堅牢な金属部材などで覆われているので、屋外に設置していても雨水や粉塵などの影響を受けないようになっています。メーカー指定の基準通りに設置すれば放熱などの問題が出ない設計になっており、過熱状態になることもありません。北海道には専門業者があり、定期的なメンテナンスを受けると安心して利用することが可能です。

メンテナンスの第一歩はゴミや落ち葉の除去

蓄電池の内部的な面について、蓄電池の充放電に関する切り替えや設定などはバッテリーマネジメントシステムという内部プログラムによって行っています。自動制御になっているので、太陽光発電のような太陽光パネルにおけるガラス面の汚れや、雑草の影などにより発電量を低下させないためメンテナンスが必要であるということはありません。

普段の生活において蓄電池を利用している場合、基本的にはメンテナンスはほとんどないでしょう。メンテナンスを行う作業について、フィルターや通風口などにたまっているゴミやホコリなどを掃除したり、落ち葉を除去したりすることが挙げられます。メーカーによってクラウド対応しているタイプもあり、遠隔地からネット経由で常に異常がないか監視しているサービスを提供しているので便利です。基本的にリチウムイオンの場合、定常的なメンテナンスが必要なく、安全・安心して運用できます。

尚、リチウムイオン以外のベント型やニッケル水素などを利用する場合、定期的なメンテナンスを受けましょう。ベント型の場合、電解液への精製水を補給することになり、ニッケル水素電池の場合、メモリー効果を解消するため定期的にリフレッシュすることが多いです。北海道の業者に依頼すると、タイプに応じたメンテナンスを受けることが可能です。リーズナブルな価格で、気軽に相談できます。

10年を目安にして交換や修理を行おう

注意しなければいけないことは、使用開始した後10年を目安にして交換するか、修理メンテナンスなどが必要になることです。蓄電池は使用している間年月が経るごとによって劣化が進み、最大容量は減少するようになっています。構成部材になるパワーコンディショナーやコンデンサやダイオードといった電子部品について、10年位で寿命を迎えるようです。そのため充放電状況や稼働状況などに何かしらの異常があると、修理や交換などのメンテナンス対応を検討することをおすすめします。

メーカーにもよりますが保証期間が10年だったり、15年に設定されていたりすることが多いです。メーカー保証期間内に決められた容量より減少しているなら交換対応になり、費用も無償で利用できるでしょう。

10年経過したとしても、必ずしも交換や修理などのメンテナンス対応が必要ではありません。利用可能な状態だったらそのまま使用しても問題ありません。ただし、最大容量が減少する仕組みになるので、利用効率が下がっていき経済的なメリットが低減するようになります。

使用状況をモニターやリモコンなどで確認しながら、異常がないか適宜把握するようにしておくと安心です。北海道の業者に相談すると交換や修理するのに、最適なタイミングをアドバイスしてくれます。事前に見積もりしてくれるので、安心して依頼することが可能です。

蓄電池の種類や用途によって寿命も異なる

蓄電池にはいくつか種類があり、使用可能サイクルや用途などに違いがあります。たとえば鉛蓄電池の場合、自動車用バッテリーや非常用バックアップ電源に利用することが可能です。使用サイクルは3,150回で使用期間は17年です。鉛蓄電池は開発してから150年以上経っていますが、今も主力として使用されていて、最も長い寿命を持っています。過放電を行ったり使用が終わった後早急に充電したりしないと、劣化が早くなってしまうので注意が必要です。

ニッケル水素電池の場合、ハイブリッドカーのバッテリーや鉄道などの地上蓄電設備として利用できます。使用サイクルは2,000回で使用期間は5~7年です。リチウムイオン電池の場合、ノートパソコンや携帯電話といったモバイル機器に利用できます。日常生活と密接に関係しているもので、現在大容量化に向けていろいろな開発が進められており注目されているタイプです。ニッケル水素電池と同じく、保存状態や温度による劣化が早くなるので適切な環境で利用することをおすすめします。

NAS電池の場合、工場など大規模施設のバックアップ電源として利用することが可能です。鉛電池と同程度の長期寿命で利用でき、従来タイプの1/3のコンパクトさから産業用として注目されています。どのタイプを購入すればよいかは、北海道の業者に相談するとよいでしょう。

 

電気は売るよりも買う方が高くなり、効率よくためて使う自家消費を行っている家庭が増えています。太陽光発電などに蓄電池を組み合わせることによって、家庭の電気料金をお得に削減することが可能です。災害時や停電時には非常用電源に利用でき、安心した生活をサポートします。

おすすめ関連記事