2021年最新版!北海道にお住まいの方におすすめの蓄電池販売・施工業者を紹介!家庭用太陽光発電をお持ちの方は必見!

蓄電池の導入の流れ―検討から設置まで

公開日:2021/04/15  最終更新日:2021/03/01

近年太陽光発電の有効利用の手段として、災害時の非常用電源に蓄電池の普及が進んでいます。とくに2018年に北海道で起きた大型地震による停電の影響は大きく、北海道での蓄電池の導入は右肩上がりの傾向が強いです。ここでは北海道で蓄電池の導入を検討している方のための手引きとして、検討から設置までの基本的な流れを解説します。

製品の検討・選定と施工業者との契約

購入を検討する上で、まず蓄電池を選ぶところから始めます。選ぶ際に重要となるのは、蓄電容量がゼロになり100%まで充電したのち再びゼロになるまでのサイクルを1単位とした、使用可能サイクルです。加えて家庭によって必要な量が異なる蓄電容量と定格出力、価格と同じくらい大事な保証内容あたりが重要なポイントとなります。

メーカーや製品選びに迷ったら、施工業者に相談してみるのも1つの方法です。北海道では多くの販売および施工会社が存在しており、各社でメール・電話や対面での相談に対応しています。プロの事業者に相談すれば、的確な意見やアドバイスがもらえるため信頼できるメーカーが見つかれば相談してみるのがおすすめです。このとき光熱費の節約や災害時の備えなど、目的を明確にしておくとスムーズに話が進みます。

希望の製品が決まったら、施工業者と契約を交わします。契約後は本格的な現地調査や打ち合わせ、見積もりという流れになりますが、大抵は契約前に簡易的な調査・見積もりを行い提案してくれる企業がほとんどです。そのため最初から一社に絞り込まずに、複数の業者に見積もりを依頼するのがポイントとなります。製品が同じであるため、料金プランやサービスの差異がわかりやすくおすすめです。料金相場や工事期間の目安を頭に入れつつ、できるだけ希望に近い会社を選ぶことが重要になります。

現地調査の実施とプランの提案、補助金の申請

明確なプランを提供するために、また効率よく工事を行うために現地調査を行います。工事を行う住まいへと専門スタッフが訪れて、建物自体や周辺など環境を観察および調査します。既に導入されている場合はもちろん、新規で太陽光発電システムを平行して導入する場合はメーカーが定めたルールに従う必要があるからです。

蓄電池を既存システムに導入する際も、既にある機器の設置場所との兼ね合いや配線のルート確認が含まれます。現地調査の結果、施工が可能であった場合は業者がプランを提案します。大抵の場合、顧客の要望に備えるべく複数のプランが用意されるため各規格の説明をしっかり聞いて判断するのが大切です。

同時に見積もりや施工内容が記されているため、条件の擦り合わせもこの時点で充分に行います。ここで細かい作業内訳が掲載されているかどうかで、業者の良し悪しがわかるため逐一チェックすることが大事です。見積もりで提示されるのは、太陽光発電システムと蓄電池の配置図面と年間の発電量予測です。蓄電の流れや光熱費のシミュレーションも書かれているため、きちんと聞いておきます。前年との光熱費の変化や投資額が回収されるまでの年数も、重要な要素です。

契約の意志が固まったら、必要に応じた補助金の申請の段階へと移ります。多くの場合、業者が代理で国や各都道府県・市町村へと代理で申請してくれるため安心です。

製品の設置工事とアフターフォロー

プラン・工事計画が決定して、補助金の申請も通ったらいよいよ設置工事です。工事中の騒音や振動・粉塵などの呼びかけが必要であるため、作業時間や施工内容・工期の連絡を近所へと行います。工事の流れとしては基礎エコベース設置から始まり蓄電池機器を搬入し、ユニットの固定作業へと移ります。続いて屋外の配線を行ったのち本体との接続、分電盤への配線および回路増設の後にリモコンも設置して完了です。

設置後は工事用の仮説物を取り除き、工事現場周辺の清掃を行って終了となります。約束通りに作業が行われたかどうか、施工業者と施主の立ち会いで確認・検査を行います。問題がなければ作業完了報告書が提出され、引き渡しの終了です。

設置が終わった後、蓄電池の運転を開始します。太陽光発電システムおよび蓄電池の検査試運転と同時に取り扱い説明がなされるため、聞き漏らすことがないようにするのが大事です。稼動開始後のアフターフォローに関しては、企業が提案するプラン・サービスによって大きく異なります。

多くの企業では稼動してから、定期的に点検を行うことが一般的です。とくに太陽光システムに使用されるパネルは、鳥のフンや雨天の泥など著しい汚れが固着することにより発電効率が落ちてしまいます。定期点検は非常に重要であるため、無料で行う会社も珍しくないためそういった業者を選ぶのも一つのポイントです。

 

光熱費の削減や非常時の予備電源など、蓄電池の導入にはさまざまなメリットがあります。ポイントとなるのは家庭での用途や環境に応じた製品選びと、求める条件に見合ったサービス・工事を提供する業者探しとなります。まずは用途・目的を明確にしつつ、最適な製品を見極めることから始めるとよいです。

【北海道】おすすめ蓄電池販売・施工業者

商品画像
商品名SICフジテックアイシステムズエコテックジャパン日本エコシステム
特徴世界最小・最軽量を実現AI機能による全自動運転蓄電池に関する工事をすべて行うシステムの構成を変更可能サイトで蓄電池の情報を紹介
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索