2020年最新版!北海道にお住まいの方におすすめの蓄電池販売・施工業者を紹介!家庭用太陽光発電をお持ちの方は必見!

近年の蓄電池の需要について

公開日:2020/09/01  最終更新日:2020/09/16

大規模な自然災害が発生した際、電気や水道は最低でも数日間使えなくなります。寒さの厳しい北海道では電力も備えておかなければ、命にかかわることもあるでしょう。蓄電池は、蓄電した電池を使用して電気を使用できるようにします。今回は、蓄電池の需要と重要性について解説をしていきたいと思います。

電力を貯蓄することが大事である

北海道のような広い土地で太陽光発電パネルを設置すれば、停電時においても電気エネルギーを生み出すことが可能です。しかし、生み出された電気エネルギーを何かに集めなければ電力は効率よく消費されず、無駄に生み出した電力を消費してしまう結果になります。

つまり、電力を貯蓄できるのが蓄電池で、このシステムを太陽光発電と併用することで発電したエネルギーをバッテリーに蓄積し、貯金できるのです。貯金ができるということは、それだけたくさんの蓄電システムを導入すれば自宅以外の電力を補うことが可能になるため、広い土地である北海道などにおいては蓄電システムの需要が高まりつつあるのです。

ほかにも蓄電システムは、深夜の電気代のほうが安い場合においては、蓄電池に直接電気を流すことで昼間に使用する電力をチャージさせることも可能です。このように蓄電システムを使用する上で、電力が安い時間帯にあえて蓄電池に電力を貯めることで、電気代のコストを抑えるという使い方も可能なことも、北海道のように広い土地における蓄電システムの需要の高まりの一因となっています。

また蓄電した電気が余った場合には、蓄電システムに貯めた電気を電力会社に売却することも可能なため、よりたくさんの電力を蓄電し余らせることで電力会社に電気を購入してもらい収入とすることも可能です。

北海道では市区町村別でもらえる補助金がある

北海道では市町村別に蓄電システムに補助金を与える制度があります。これは、太陽光発電と接続するリチウムイオン蓄電システムであること、蓄電容量が1kWh以上などのように市町村ごとに蓄電システムの補助金に関して決まりを設けており、この条件に適合した蓄電システムは補助金として国から資金を援助してもらえるというものです。

もらえる補助金の総額については、5万円だったり、最大で15万円だったりと北海道の市町村ごとに異なりますが、こうした補助金制度の影響もあって、需要が高まりつつあります。なお、補助金は北海道のように市町村からもらうほかにも、国から補助金を得ることも可能で、この場合は北海道に住んで北海道の市町村の補助金を得つつ国から支援金を得られます。

肝心の補助金ですが、蓄電システムの対応が災害対応発電の場合、1kw当たり、2万円、ネットワーク型で1kw当たり3万円、周波数制御型で1kw当たり4万円となります。これには上限が設けられており、どんなに蓄電できても国からの支援金は最大で60万円とされます。

また、この補助金は先に蓄電システムや発電システムを購入しても導入できず、購入前に申請することが条件で2020年8月31日までと期限があります。この期日を過ぎた場合、支援金は下りず、また支援金には予算が決められているため、予算を超えた場合には支援金は打ち切られますので、こちらも同様打ち切られた場合には支援金は適応されません。

AIシステム導入の蓄電システムの登場

蓄電システムにはAIシステムを導入し、発電した電力を効率よく蓄電するものがあります。この新しい充電バッテリーの登場とともに蓄電システムの需要が高まりつつあります。また、充電バッテリーの販売から工事まですべてを手掛ける業者の登場とともにバッテリーの導入費用が減少した傾向もあり、安価で充電バッテリーを導入できるようになりました。これが、北海道にて蓄電池の需要が伸びたひとつの理由です。

工事を行う会社の評判もインターネットで簡単に確認できるようになった点、販売している充電バッテリーの評判も容易に入手しやすくなった点が、広大な土地である北海道で蓄電システムを導入することにおいて需要を伸ばしたのです。また、蓄電システムを販売している会社の実績についても簡単にホームページ上や蓄電システム比較サイトから情報を入手しやすくなった分、システム自体の評判を確認しやすくなったことも蓄電システムの需要を伸ばした一因です。

需要が伸びるということは、新しいタイプの充電バッテリーが登場するきっかけにもなりますので、産業としてもこの蓄電システムの開発と販売は成り立っていていると見てよいでしょう。とくにハイブリッドシステムを導入した充電バッテリーには、北海道で需要があるので、発電しつつ電力補助バッテリーに蓄電できるシステムの需要は高いといってもよいでしょう。

 

近年の蓄電池は、ハイブリッドシステムを導入した蓄電システムなどに需要があり、発電しつつ電力を蓄積できるものにニーズが高まりつつあります。中でも北海道は広大な土地であり、蓄電システムを導入するにうってつけで、国からの補助金と市町村からの補助金も得られます。

おすすめ関連記事